広島・森浦がプロ初失点で初黒星 菊池涼の一発も空しく、自慢のブルペン崩れ競り合い落とす

[ 2021年4月7日 20:50 ]

セ・リーグ   広島2-3ヤクルト ( 2021年4月7日    神宮球場 )

<ヤ・広>6回無死、広島・菊池涼は勝ち越しソロ本塁打を放ち広瀬コーチとグータッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 好調な菊池涼の一発も空しく、広島が競り負けた。1ー1で迎えた6回、先頭の菊池涼は左翼席へ3号ソロ。打撃成績でセ・リーグのトップを独走する2番打者が通算100号本塁打へあと「2」と迫った。

 勝ちパターンに入ったのに、広島は先発の床田が踏ん張り切れない。その裏、2本の安打でピンチを招き、1死一、三塁から荒木にスクイズを決められ同点。7回からマウンドへ上がったルーキーの森浦は1死二塁から山崎に右前適時打を浴び、プロ入り初失点を喫した。

 9回に1死から鈴木が左翼へ二塁打。好機を築いたものの、後続を断たれ、惜しい試合を落とした。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース