日本ハムのドラ1伊藤 7回3失点11奪三振の力投もプロ初勝利ならず 連敗止められず涙「凄く悔しい」

[ 2021年4月7日 22:54 ]

パ・リーグ   日本ハム2ー6ソフトバンク ( 2021年4月7日    札幌D )

<日・ソ>試合後ベンチに残る伊藤(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・伊藤が涙した。

 7回4安打3失点(自責2)、11奪三振の力投もプロ初勝利はならず。チームの連敗ストップへ並々ならぬ闘志を燃やして臨むも、チームの連敗は6に伸び「何とか連敗を止めたいという気持ちを持ってマウンドに上がった。そこに対してやり切れなかったのは凄く悔しい。(自分の)結果というよりは、どうにかチームの悪い流れを変えたいと思っていた。(7回に)もう1イニング任された時に、粘りきれない、勝ちきれない自分の甘さが出たかな」と話す目は真っ赤だった。

 1点リードの7回に悪夢が待っていた。5回無死一、三塁では3者連続三振。ピンチを背負っても新人らしからぬ落ち着きぶりで粘りを見せていたが、7回1死一、三塁から中村晃の投ゴロを二塁へ転送するも遊撃・中島が捕球できず失策で同点。続く松田に決勝の適時二塁打を浴びていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース