オリックス “痛恨”ドロー モヤの走塁ミスで逸機 中嶋監督「最後の最後、競った時に勝てない」

[ 2021年4月7日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3-3ロッテ ( 2021年4月6日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>9回は漆原が抑え試合はドロー(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 オリックスは、昨季1勝11敗と苦しんだZOZOマリンで今季初めての引き分けを記録した。

 8番・安達が2回に先制打を放ち、1―3の4回には9番・紅林が中前適時打。6回に7番・頓宮が同点ソロを放つなど下位打線が機能したが、中嶋監督は痛すぎる走塁ミスを嘆く。

 4回1死一塁、打者・頓宮は四球も、スタートを切っていた一走・モヤが盗塁死と思い込み、二塁を離塁してタッチアウト。「流れをストップしたり、渡したりとか、そういう感じになる。どうにかしていかないと、最後の最後、競った時に勝つ野球にはならない」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース