西武・今井は5回3失点で降板 自己最速タイ157キロをマークも6四死球と制球乱れる

[ 2021年4月7日 20:27 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2021年4月7日    メットライフD )

<西・楽2>力投した西武の先発・今井だったが(撮影・木村 揚輔) 
Photo By スポニチ

 今季初勝利を狙った先発・今井は5回5安打3失点で降板した。

 初回、辰己の3球目に自己最速タイの157キロをマーク。しかしその辰己と小深田に連続四球を与えると、1死一、三塁から浅村の右前打で先制を許した。

 その後も3、5回に失点し、6四死球を与えて5回104球で降板。前回登板の3月31日の日本ハム戦も、5回無失点ながら7四死球、117球で降板していた。再び白星を手にすることができず、今井は「全体的にボールの精度が良くなかった。細かいコントロールは気にしすぎないよう心掛けてマウンドに上がったけれど、ベースの上に投げ切ることができなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース