今季も阪神・大山に不敗神話 打点挙げれば昨季から12連勝 矢野監督も期待「タイムリーといわず」

[ 2021年4月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6ー2巨人(7回降雨コールド) ( 2021年4月6日    甲子園 )

<神・巨>3回無死一、二塁 大山が中前適時打を放つ  (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 4番が打点を挙げれば、負けない。昨季終盤から続いた不敗神話は、今季も健在だ。阪神・大山が開幕2戦目以来、8試合ぶりとなる打点をマーク。3回までに6得点した序盤の猛攻劇に加担し、勝利への道筋を照らした。

 「とにかくランナーを還すことだけを意識して打ちました。西(勇)さんを援護することができて良かったです」

 集中力を極限まで高めて、快音を響かせた。2点優勢の3回無死一、二塁。先発右腕・サンチェスの145キロを痛烈に中前へはじき返すと、二走・糸原が3点目のホームを踏んだ。そこから打線がつながり、一挙4得点。西勇の今季初星をアシストした。

 さらに、7回1死からビエイラの初球156キロを中前に落とした。3月26日の開幕戦以来9試合ぶりとなるマルチ安打。試合前まで打率1割台と低迷していたが、第1打席での左翼ポール際への特大ファウルも含め復調を予感させた。

 データは存在感の大きさを雄弁に物語る。今季の3連勝を含め、大山が打点を挙げた試合は、昨年10月16日のヤクルト戦(甲子園)から1分けを挟んで12連勝。矢野監督からは「タイムリーといわずね。もちろんホームランや、もっともっと打ってほしいですしね。そういうところで回ってくる打順なんでね。悠輔自身が引っ張っていってくれるというのをもっと見たいですね」とさらなる活躍を期待された。

 巨人戦勝ち越しは07年が最後。積年の屈辱を晴らすべく臨んだ初戦で、最高のスタートを切った。(須田 麻祐子)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース