オリ太田が自身初の「ビジター弾」 7試合連続1番起用に応え「何とかしようという思い」

[ 2021年4月7日 19:21 ]

パ・リーグ ロッテーオリックス ( 2021年4月7日    ZOZOマリンスタジアム )

<ロ・オ>3回2死から同点ソロを放つオリックス・太田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 期待の若手が一振りで試合を振り出しに戻した。0―1の3回2死、7試合連続で1番起用されたオリックス3年目の太田椋内野手(20)がロッテ先発・岩下のフォークボールを捉え、左越えに今季1号となる同点ソロを放った。

 昨季、プロ初を含む3本塁打を記録しているが、放ったのは全て本拠地・京セラドーム。「追い込まれていましたし、何とかしようという思いで打席に入っていました」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース