東洋大 主将・山崎、代打で点火打一挙4点「取り返したかった」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第4週最終日 2回戦   東洋大5ー3亜大 ( 2020年10月28日    神宮 )

<亜大・東洋大>東洋大先発・松沢(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 代打で出場した東洋大・山崎主将の一打が流れを引き寄せた。

 1点を追う6回に同点の中越え適時打。火が付いた打線は7回に一挙4点を奪った。今季途中からチーム事情で控えに回っているが、開幕時は正捕手で4番に座っていた。「(先発の)松沢が頑張っていたし、取り返したかった」。リーグ戦残り2試合。優勝の可能性はないが「勝って良いものを残していきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース