ロッテ2位・中森 鬼滅チョコで全集中!指名あいさつで誓った「1年目から15勝」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

来月3日発売の「鬼滅の刃マンチョコ」を手にはにかむ明石商・中森俊介
Photo By スポニチ

 ロッテからドラフト2位指名を受けた明石商・中森俊介投手(18)が28日、兵庫県内の同校で永野吉成プロ・アマスカウト部長らから指名あいさつを受けた。「1年目から15勝」を目標とする151キロ右腕は最近読み始めてハマった「鬼滅の刃」に登場する煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)ばりの熱い投球で幕張を沸かせる。

 球団関係者から親会社のロッテが来月3日に発売する「鬼滅の刃マンチョコ」を手渡されると、剛腕の表情が緩んだ。一世を風靡(ふうび)した「ビックリマンチョコ」と同じ仕様の新商品。開封して引き当てたシールに運命を感じた。「自分も煉獄杏寿郎のように熱く投げていきたい」。煉獄は鬼殺隊を支える最上級隊士である柱の一人で、炎柱(えんばしら)。人間を鬼から守ることに使命感を燃やす。その生きざまは、敵からの攻撃を守る投手と共通する。

 「1年目から早く活躍したい。いずれは沢村賞」と中森。可能性は無限大。燃えたぎる闘志が、言葉の端々からにじんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース