レイズ・筒香 登録メンバー野手唯一出番なしでWシリーズ終了

[ 2020年10月29日 02:30 ]

ワールドシリーズ第6戦   レイズ1―3ドジャース ( 2020年10月27日    アーリントン )

試合をベンチから見るレイズの筒香
Photo By 共同

 レイズの筒香は出場登録メンバーの野手15人の中で唯一、出番なしに終わった。ポストシーズン通算でも打率・125、本塁打と打点はゼロだった。レギュラーシーズンでは主に左翼、DHで起用されたが、同じ左翼手アロザレーナの台頭で出番が激減。敗戦の瞬間をベンチで迎え、表情を変えることなく歓喜するド軍ナインを見つめていた。

 ▼DeNAラミレス監督(昨季まで筒香が所属)違う環境で学んだことも多いと思う。彼なら学んだことを生かすことができる。来年はもっといい年になるだろう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース