オリックス 36歳増井 先発転向から安定感光る投球 監督代行も評価

[ 2020年10月29日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―1日本ハム ( 2020年10月28日    京セラD )

<オ・日>先発登板し力投するオリックス・増井(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは28日の日本ハム戦で、9回にディクソンが打たれて連敗が3に伸びる中、ベテラン増井が円熟の投球を見せた。

 カーブをアクセントに使い、5回まで1安打投球。85球に達した0―0の6回2死一、二塁で降板するも、先発転向した9月から登板5試合でいずれも被安打は5以下と安定感が光る。「インコースを強気に使えて、カーブも良かった」と振り返る36歳について、中嶋監督代行も「いろんな球を投げることプラス緩急をつけるスタイルを確認できたと思う」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース