ついに失点…中日・大野雄の連続無失点は45イニングでストップ 初回に失点

[ 2020年10月29日 18:20 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2020年10月29日    甲子園 )

<神・中>初回無死一塁、糸原に右中間二塁打を浴び、近本(左)の生還を許して連続無失点がストップする大野雄(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ついに0以外の数字が刻まれた。中日・大野雄の連続無失点イニングがストップした。

 前回22日のDeNA戦まで45イニング連続無失点だった先発左腕。

 ところが、立ち上がりに先頭・近本に右前打を許すと、続く糸原にファウルで粘られ7球目のフォークを右中間へはじき返された。俊足の一塁走者・近本が一気に本塁へ生還。

 大野雄は苦笑いしつつも気持ちを持ち直し、続くマルテに挑んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース