DeNA・梶谷 今季初単独打率トップも クールに「特にコメントありません」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA10ー6巨人 ( 2020年10月28日    横浜 )

<D・巨>8回無死、左前打を放つDeNA・梶谷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAの梶谷が5打数2安打。6試合連続安打で打率を1厘上げて・329とし、今季初めてリーグ単独トップに立った。本人は「特にコメントすることはありません」とクールな反応。試合前の時点でチームメートの佐野と全く同じ、402打数132安打の打率・328で並んでいた。

 佐野は左肩脱臼で戦線離脱しているが、ラミレス監督は「残り2、3試合なら(同時首位打者のために)休ませるとかもあるが…。梶谷には最多安打の可能性もある」。その最多安打もトップの大島(中日)に2本差。初の打撃タイトルへ、残り9試合で「2冠」を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース