ロッテ今季12度目零敗 チェン好投台無し 井口監督「打線が援護しないと」 3位・西武と1差

[ 2020年10月29日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0-2ソフトバンク ( 2020年10月28日    ペイペイD )

<ソ・ロ>9回1死一塁、代打・井上が三振に倒れガックリのロッテベンチ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテ打線は千賀、森のリレーに5安打と封じられ、今季12度目の零敗を喫した。2点差の8回1死一、三塁では一塁走者に代走・和田を送ったが、千賀のけん制でアウトに。井口監督は「二、三塁にしたいと思って送り込んだ。(和田も)勝負にいったので仕方ない」と振り返った。

 加入後3度目の先発だったチェン・ウェインは8回2失点。CSを考えれば左腕の好投は収穫だが、3位・西武が1ゲーム差と迫っており、指揮官も「何とか打線が援護しないと…」と攻撃陣の奮起を求めた。

 ▼ロッテ チェン・ウェイン(8回4安打2失点も2敗目)失投が2球だけあり、それが失点につながってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース