巨人からトレード加入の楽天・田中貴が6年目でプロ初本塁打「素直にうれしい」

[ 2020年10月29日 21:19 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2020年10月29日    メットライフD )

<西・楽>7回2死三塁、2ランを放つ田中貴(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今年9月に巨人から金銭トレードで楽天に移籍した田中貴也捕手(28)が、29日の西武戦でプロ初本塁打を放った。3点リードの7回2死二塁。初球の132キロのカットボールを右翼スタンド中段まで運んだ。

 「たまたまです。でも、素直にうれしいです。(ホームラン)ボールは親に渡したいと思います。今まで時間がかかりましたけど、少しずつ恩返ししていきたいですね」

 楽天に加入後はイースタン・リーグで10試合に出場。打率・452という成績を残し、10月18日に1軍昇格した。新天地デビュー戦は同24日の日本ハム戦(楽天生命パーク)。スタメンマスクをかぶり、プロ初安打&初打点をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース