阪神初の「ブルペンデー」 6投手でお見事零封リレー

[ 2020年10月29日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9―1中日 ( 2020年10月28日    甲子園 )

5回、2番手で登板した岩貞(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神初の「ブルペンデー」で先発・藤浪の後を受けた6投手が、見事な1安打無失点リレーを演じた。1―1の5回に登板した岩貞は打者3人を12球でピシャリ。その裏に味方が勝ち越し、6勝目を手にした。

 「晋太郎が頑張って投げてくれましたし、自分もチームの勝ちにつながるようなピッチングをするという気持ちで投げました」

 6回のエドワーズは連続四死球で無死一、二塁とするも、最後は福田を遊ゴロ併殺で無失点。7回は17年の最優秀中継ぎ投手、桑原が復活を印象づける3者凡退に抑えた。8回に岩崎が阿部に右前打されたが、リリーフ陣が許した安打はこの1本。矢野監督も最大の勝因に挙げた。

 「それぞれが出たイニングをしっかり投げてくれてますし、こちらも自信を持って送り出せるんで、本当に頼もしいです」

 昨季の最終盤もブルペン陣をフル回転させる采配で3位に滑り込んだ。CSがない今季だが、ラストスパートに入った矢野タイガースは強い。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース