中日は左肩負傷のビシエドを抹消、打点王は絶望的

[ 2020年10月29日 16:02 ]

<神・中> 8回2死二、三塁、ビシエドは近本の2点適時打に飛び込んだ際に左肩を痛め苦もんの表情を浮かべる (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 中日は29日、ダヤン・ビシエド内野手(31)の出場選手登録を抹消した。球団は上肢のコンディション不良と発表した。再登録は最短で11月8日のため、同日以降は11日の広島戦1試合しか残っておらず、打点王のタイトルは絶望的な状況となった。

 ビシエドは28日の阪神戦(甲子園)で、8回に守備で打球に飛びついた際、着地で左肩を負傷。そのままベンチに下がり、病院へ直行した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース