阪神ドラ7高寺「年齢とか関係なくプレーしたい」指名あいさつ受け気持ち新た

[ 2020年10月29日 18:53 ]

阪神から指名あいさつを受けたドラフト7位の上田西の高寺
Photo By スポニチ

 阪神からドラフト7位指名された上田西の高寺望夢内野手(18)が29日、同校で畑山統括スカウト、担当の平塚スカウトから指名あいさつを受けた。

 「数日たって、プロ野球選手になるんだという実感が湧いてきました。ホームラン打者ではないので、しっかり打率を残せる打者を目指して頑張りたい」

 木製バットで臨んだ9月上旬の合同練習会では6打数5安打2四球とアピールして一躍脚光を浴びた。高校通算では31本塁打とパワーも売りだが、50メートル6秒0の俊足と三拍子そろっており、担当の平塚スカウトも「高い能力を持っている」と期待していた。

 今年は阪神指名選手の中で唯一の高卒となるが、「グラウンドを出たら年齢とか関係なく、プレーしたいと思う」と負けず嫌いの一面ものぞかせ、気持ちを引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース