阪神・糸原が止めた!大野雄に46イニングぶり失点味わせる適時二塁打

[ 2020年10月29日 18:24 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年10月29日    甲子園 )

<神・中24>初回無死一塁、糸原(左)に右中間適時二塁打を浴び、連続無失点がストップする大野雄(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・糸原が、中日・大野雄の無失点記録を止めた。1点劣勢の初回、右前打を放った近本を一塁に置いてフォークを捉えた打球は右中間を破る同点の適時二塁打。試合前まで45回連続無失点と“無双”していた左腕に46イニングぶりの失点をつけた。今季4試合で2勝、防御率0・91と完ぺきに抑え込まれていた天敵の出鼻をくじいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース