西武 CS見えた!2位ロッテに1差 4番・栗山「いい場面」で殊勲の2点二塁打

[ 2020年10月29日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4-3楽天 ( 2020年10月28日    メットライフD )

<西・楽>6回1死一、二塁、中越え適時二塁打を放つ栗山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 まだ戦いは終わらない――。西武の背番号「1」栗山が、2位ロッテに「1」ゲーム差に迫る殊勲打だ。

 「緊迫した、いい場面。何とかしたい、という気持ちだった」

 1点差に迫られた直後の6回1死一、二塁。涌井のカーブを捉えた栗山の打球は右中間へ。あと一歩、スタンドには届かなかったが、2者が生還。塁上で白い歯を見せた。

 今季8試合目の4番起用。ここまで同打順では打率・143と苦しんでいた。試合前にはムードメーカーの熊代が得意の「訓示」で盛り上げていたが、「あんまり、ちゃんと聞いていなかった」と栗山。目の前の試合へ集中力を高め、値千金の一打につなげた。

 前夜にソフトバンクが優勝を決め、目標としていたリーグ3連覇への道が途絶えた。「悔しいし、優勝が決まったからにはCSに出られるように。2位から日本シリーズに出たいという気持ちになりました」。ニュース番組で宿敵の歓喜を目の当たりにし、19年目のベテランに闘志が宿った。過去2年はリーグ連覇を果たすも、いずれもCSファイナルステージでソフトバンクに敗退。今季は逆の立場で下克上を期した。

 きょう29日も勝ち、ロッテが敗れれば、2位に浮上する。残り20試合から7勝2敗の西武に対し、ロッテは2勝8敗。ラストスパートをかける獅子との勢いの差は歴然だ。(花里 雄太)

 ▼西武・木村(2回に先制7号2ラン)手応えとしてはスタンドまで行ったかなと思った。チャンスで走者を還すことができて良かった。

 ▼西武・浜屋(5回2/3を5安打1失点で3勝目)立ち上がりからいい感じで入ることができて、粘って投げられた。

 ▼西武・増田(小郷にソロを被弾も自己最多の31セーブ)残り試合も少なくなってきたが、今日のように失点してしまわないように頑張ります。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース