立正大・米田 初安打が劇打 V望みつないだ「絶対打つと…」 4年野手全員ベンチ入り指揮官の采配応えた

[ 2020年10月29日 05:30 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第4週最終日 2回戦   立正大6ー5駒大 ( 2020年10月28日    神宮 )

<立正大・駒大>9回1死一塁、立正大・米田が左中間にサヨナラ二塁打を放つ(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 立正大の4番・米田(4年)のサヨナラ打で3季ぶりのリーグVへ望みをつないだ。

 5―5の9回1死一塁から左中間二塁打。関東第一3年夏の東東京大会4回戦、堀越戦以来の劇打に破顔一笑だ。「(ベンチの)4年生の顔見たら絶対打つと…」。4年野手全員をベンチ入りさせた坂田精二郎監督の采配に応えた。

 右手5本指には黄色のシール。「これでヒット5本と思ったけど無理でした」。最終打席に放った初安打で十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース