中日・京田が自己最多の5号ソロで先制 巨人のVに待った

[ 2020年10月29日 18:14 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2020年10月29日    甲子園 )

<神・中>初回1死、京田は右越えに先制ソロ本塁打を放つ。投手西勇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人のVに待ったをかけた。

 中日・京田が先制ソロ。初回1死から西勇のスライダーを振り抜くと、打球は右翼ポール際に吸い込まれ「好投手から、まずは先制点を取れて良かったです。しっかりスイングすることができました」とうなずいた。

 シーズン5本は自己最多を更新。今季は打率・2割台前半と苦しんでいるが、意地を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース