日本ハム5位 苫小牧中央・根本、目標上方修正「1、2年は土台づくり」から「1年目から1軍」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

栗山監督の直筆サインが書かれたドラフト会議IDカードを下げ、マウンドで撮影に応じる苫小牧中央の根本(撮影・石川加奈子)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト5位・根本は、目標を上方修正だ。

 苫小牧中央・根本が苫小牧市内の同校で指名あいさつを受けた。ドラフト当日には「1、2年は土台づくり」と語っていたが、総合力を高く評価された146キロ左腕は「1年目から1軍に上がりたい」と宣言した。

 白老白翔中3年時の全国中学決勝で完全試合を演じ、U15侍ジャパンでも活躍。憧れの投手に元中日の山本昌氏を挙げ、息の長い投手を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月29日のニュース