熊本 豪雨被害で県大会中止 3つの地区大会のみ開催へ

[ 2020年7月9日 05:30 ]

 熊本県高野連は8日、新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権大会と地方大会に代わる県大会について、豪雨被害のために開催を取りやめると発表した。3つの地区大会のみ行う。熊本の代替大会は5日に開幕予定だったが、延期となっていた。特に豪雨被害が甚大な城南地区大会は18日から行い、他の2地区は11日に始まる。当初は各地区大会を勝ち抜いた16校による県大会を開催する予定だった。

 県高野連の工木(くき)雄太郎理事長は「(城南地区については)大会開催自体も検討したが、どういう形であれ参加に強い意思を持った学校が多く、3年生に場を提供しないといけない思いがあった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース