中日・与田監督 右腹直筋痛め離脱の柳は「そんなに重くはない、長期にならない」

[ 2020年7月9日 22:32 ]

中日・柳
Photo By スポニチ

 中日の与田監督は、右腹直筋の筋挫傷で出場選手登録を抹消した柳について「そんなに重くはない、軽症だという報告なので、そんなに長期にならないというふうに期待しています」と重症ではないことを明かした。

 柳は8日の練習前に右腹部の張りを訴え、9日に名古屋市内の病院を受診し、筋挫傷の診断を受けた。

 昨季、チーム最多11勝を挙げた柳は今季も3試合で1勝1敗、防御率1・80と安定した成績を残していただけに、勝ち頭の離脱は痛手。

 チーム内では又吉が先月27日に左腹斜筋損傷で、同29日には堂上が右肩の腱板不全損傷で、今月3日にはアルモンテが左内腹斜筋の筋損傷で出場選手登録を抹消されており、けが人が相次いでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース