西武・辻監督 リード許してのノーゲームに「負けが消えたと思ってプラスに考えます」

[ 2020年7月9日 20:25 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2020年7月9日    ZOZOマリン )

<ロ・西>4回裏、雨が強くなり試合が中断、ベンチに戻る本田ら西武ナイン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 4回裏ロッテ攻撃中で0―3の劣勢の中、降雨ノーゲームとなった。辻監督は「普通に考えれば敗戦濃厚というところでしょうけど、負けが消えたと思ってプラスに考え、また明日から頑張ります」と苦笑いした。

 今季3戦目の先発で初勝利を狙った本田は、0―1の3回2死から3者連続二塁打を浴びるなど4回途中までで3失点。だが雨天に救われた。「収穫があるとは言える内容ではなく不本意な結果ですが、次回に向けしっかり修正します」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース