DeNA打線14安打5得点で白星、66歳誕生日の田代コーチ「ひとりでお祝いするよ」

[ 2020年7月9日 22:41 ]

セ・リーグ   DeNA5―1広島 ( 2020年7月9日    マツダ )

<広・D>勝利しナインを迎えるラミレス監督(左)と井納(左から3人目)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNAは14安打5得点で白星を飾った。

 17試合で11度目の2桁安打。前回対戦時に7回まで得点を挙げられなかった相手先発の森下から初回に2点を奪い、8回には中崎を攻めてオースティンの10試合ぶりの一発などで3点を加えた。ラミレス監督は「非常に状態はいい。打つだけではなく四球も選んでいる(計7四球)し、それが得点につながっている。打者の状態は全体的にいい」とうなずいた。

 この日は田代チーフ打撃コーチの66歳の誕生日。活発な打線が呼び込んだ白星に、田代コーチは「現役時代を含めて誕生日の勝率は分からないけれど、チームに勝ちが付くのはうれしいね」と笑顔。新型コロナウイルスの影響で外出自粛中とあって「ひとりでお祝いするよ」とバスに乗り込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース