中日・与田監督 延長10回に代打は残したけど…今季初引き分け

[ 2020年7月9日 05:30 ]

セ・リーグ   中日5-5ヤクルト ( 2020年7月8日    ナゴヤドーム )

<中・ヤ(5)>9回1死二塁、武田の打球がファールではなく捕ゴロと判定され、ガックリの与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は2試合連続の延長戦で決め手に欠き、今季初の引き分けに終わった。

 ベンチ入り野手全員を使い切り、投手を代打に起用する采配ミスを犯した前夜と違い、延長10回に代打・井領を送るなど手駒を残しながら不発。与田監督は「得点力を上げていかないといけない」と腕組みし、無失点で踏ん張った救援陣を「(点を)取って取られてと、嫌な流れだったので、よく止めてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース