巨人わずか3安打…今季初の連敗 好投メルセデス、0―0の7回に2ラン被弾 阪神は甲子園初戦飾る

[ 2020年7月9日 20:44 ]

セ・リーグ   巨人1―2阪神 ( 2020年7月9日    甲子園 )

<神・巨>7回無死一塁、ボーアの勝ち越し2ランを浴びたメルセデス(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人が2試合連続雨天中止などで4日ぶりの試合となった阪神戦(甲子園)に0―2で敗れ、今季初の2連敗を喫した。巨人に開幕カード3連敗を喫した阪神は今季巨人戦初勝利で今季ホーム開幕戦を飾っている。

 巨人は今季初勝利を目指して先発した左腕・メルセデスが6回まで2安打無失点と好投したが、打線が阪神先発左腕・ガルシアの前に6回まで1安打無得点と沈黙。0―0のまま迎えた7回、メルセデスがボーアにバックスクリーン右へ先制の3号2ランを被弾して降板し、ビエイラ、高木のリリーフ陣もそれ以上失点を許さず。打線は9回に代打・亀井の通算1000安打達成となるタイムリーで1点を返したが、わずか3安打に終わった。

 阪神は6回1安打無失点のガルシアを勝利投手にすることはできなかったが、ボーアの2戦連発となる3号2ランで7回にようやく先制。そのまま逃げ切り、3連勝を飾っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース