DeNA・パットン 満弾被弾 ラミレス監督「これも野球の一つ」

[ 2020年7月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―6広島 ( 2020年7月8日    マツダ )

8回1死満塁、堂林に逆転満塁本塁打を打たれたパットン (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNAは3―2の8回に4番手のパットンが堂林に満塁弾を浴び、痛恨の黒星となった。

 堂林は試合前まで、対右投手の打率・444、対左投手は・273。ブルペンには左の石田も残っていたが、セットアッパーに託したラミレス監督は「堂林は右投手に強く、いいスイングをしてああいう形になった。これは仕方ない。左投手への継投は選択肢になかった」と淡々。「これも野球の一つ」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース