DeNA先発・井納 6回1失点好投「光に感謝」

[ 2020年7月9日 21:09 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2020年7月9日    マツダ )

<広・D>力投するDeNA先発の井納(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の井納翔一投手が6回4安打1失点と好投した。

 「序盤から光(伊藤)のサインに対して一球一球、意図を持って集中して投げることができました。初回から得点を挙げてくれた野手の方々、光のリードに感謝したいです」

 6月24日中日戦で5回2失点で白星を挙げて以来、中14日での1軍マウンド。時折強い雨が降る中でも安定した投球を見せた。2―0の4回、2死一塁から会沢にフォークを捉えられ左中間を破る適時打とされて1点を返されたが、最後は田中からフォークで空振り三振を奪い最少失点で切り抜けた。

 試合前、ラミレス監督はこの日の先発に井納を起用した理由について「今うちにはあまり先発投手がいないのでほかに選択がなかった。5回くらい投げてくれて3失点くらいなら十分」と控えめな期待で送り出していたが、ベテランらしい落ち着いたマウンドさばきで、勝利投手の権利を持って救援陣に後を託した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース