楽天 打線つながりバンデン攻略!9―1でソフトBに連勝 塩見が7回1失点で今季初白星

[ 2020年7月9日 21:20 ]

パ・リーグ   楽天9―1ソフトバンク ( 2020年7月9日    ペイペイD )

<ソ・楽>5回1死満塁、左中間に勝ち越し2点適時二塁打を放つ鈴木大(投手・バンデンハーク)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 楽天は打線が繋がり2連勝。1―1で迎えた5回にソフトバンク先発のバンデンハークから鈴木大の2点適時二塁打など5連打で4点を勝ち越し。6回にも4点を追加し9―1で大勝。今季最多の貯金8とした。投げては先発の塩見が7回4安打1失点と好投。昨年6月11日ヤクルト戦以来となる今季初白星を手にした。

 楽天は初回、1死三塁からブラッシュの中犠飛で先制。その裏すぐさま同点とされるも5回に相手先発バンデンハークを攻略。1死走者なしから足立、小郷、小深田の3連打で満塁のチャンス。ここで鈴木大が左中間を破る2点適時二塁打。続くブラッシュも左前へ2点適時打で追加点。5者連続の集中打を浴びせ一挙に4点を勝ち越した。

 5回には2死から小郷が三安、小深田が四球を選んだところでバンデンハークをマウンドから降ろした。続く鈴木大も四球で2死満塁としたところでブラッシュが四球を選び押し出しで1点を追加。さらに2死満塁から浅村の中前適時打で2点。2死一、三塁となって島内も中前適時打で続き9―1と大きくリードを奪った。

 自己ワーストの開幕2連敗中だった塩見は立ち上がりこそ失点を許すも、2回から5回までは三者凡退と立ち直り安定感ある投球を披露。7回まで107球7奪三振の熱投で勝利を呼び込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース