夫婦げんかが好調要因!?楽天・浅村 4戦連発 自己最長&球団タイ記録 独走の9号はまた3ラン

[ 2020年7月9日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天12―8ソフトバンク ( 2020年7月8日    ペイペイD )

2回1死一、二塁、右越えに3ランを放つ浅村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 乱打戦でも一際光った、記録ずくめの一発だった。2回1死一、二塁。楽天の4番・浅村は、外角の直球をコースに逆らうことなくフルスイングした。ライナーで右翼テラス席へ叩き込み、リーグトップを独走する9号3ラン。自己最長となる4戦連発は球団タイ記録で、チームの11試合連続本塁打という球団新記録につなげた。

 快音が止まらない。浅村が本塁打を放った9試合の勝敗は8勝1敗。「チャンスの場面で打ちたいと思っている。結果的にホームランが出て、勝利に直結して貢献できているのはうれしいですね」。この日も豪快な一発でチームを勝利に導いた主砲を支えているのが、昨年12月に結婚した妻でフリーアナウンサーの淡輪ゆき夫人(27)だ。今月5日に放送されたバラエティー番組でゆき夫人は「けんか中に試合があると、必ずと言っていいほどホームランを打つんですよ」と明かしていた。

 本塁打を量産しているということは…。試合後、番組内容の真偽を確認すると「今けんかしてないです!あの話はかなり盛ってるんで、真に受けないでくださいね!」。クールな男が苦笑いを浮かべながら、夫婦円満をアピールした。

 3月中旬に腰の違和感を訴えたことがあったが、夫人のサポートのおかげで開幕から元気にグラウンドに立ち続ける。昨年11月の結婚発表の際に「そばにいてくれる彼女の存在が自分を一回りも二回りも成長させてくれた」と、のろけていた浅村。愛する人のため、現在首位のチームをさらに押し上げるため、次戦も全力でバットを振る。 (重光 晋太郎)

 ○…浅村(楽)が4日ロッテ戦から自身初の4試合連続アーチ。連続試合本塁打のプロ野球記録は、72年王貞治(巨)と86年バース(神)の7試合だが、楽天では昨年ブラッシュに次ぎ4人目で5度目の最多タイ記録だ。また、チームは6月26日の日本ハム戦から11試合連続で本塁打。07年7月13~29日と昨年4月16~28日の10試合連続本塁打を抜く球団新記録になった。なお、連続試合本塁打の歴代最多記録は86年西武の35試合。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース