ヤクルト 山田哲の一打で今季初の引き分けに持ち込む

[ 2020年7月9日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―5中日 ( 2020年7月8日    ナゴヤD )

山田は同点となる右前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは山田哲の一打で今季初の引き分けに持ち込んだ。

 2点を追う4回2死二、三塁から橋本の低めの直球を右前にはじき返し同点の2点適時打に。「コンパクトに打つことができたし、走者を還すことができて良かった」と振り返った。

 打率・215と苦しんでいる中での一打。高津監督は「特に心配することなく、必ず(状態を)上げてくると思っている。良いところで一本打ってくれたのは凄く良かった」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース