【ファーム情報】西武サヨナラ勝ち、駒月犠飛で決めた オリ・ドラ3村西6回無失点で2勝目

[ 2020年7月9日 18:38 ]

 プロ野球のファームは9日、イースタン・リーグのロッテ―ヤクルト戦(ロッテ浦和)、巨人―日本ハム戦(ジャイアンツ)が雨天中止。ウエスタン・リーグと合わせて計3試合が行われた。

 西武は楽天戦(森林どり泉)の延長10回、2点を奪って逆転サヨナラ勝ち。同点に追い付き、最後は駒月の中犠飛でサヨナラ勝ちした。メヒアが7回の2号2ランなど2安打。先発・榎田は5回5安打1失点。楽天は岩見が9回の1号2ランなど2安打3打点。村林が2安打4打点だった。先発のドラフト6位・滝中(Honda鈴鹿)は4回4安打3失点(自責2)。

 オリックスは広島戦(由宇)に1―0。4回無死三塁で根本の中犠飛で1点を奪った。先発のドラフト3位・村西(近大)が6回2安打6四死球無失点で2勝目。広島先発・山口は4回3安打1失点で1敗目。

 阪神はソフトバンク戦(鳴尾浜)に2―1。先発・秋山が2回2安打1失点で、2番手・飯田が2回3安打4奪三振無失点で1勝目(1敗)を挙げた。ソフトバンク先発・スチュワートは6回2安打7奪三振2失点で1敗目(1勝)。野村が3安打。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月9日のニュース