中日 アロンゾ・パウエル氏が来季の打撃コーチに 23年ぶり古巣復帰

[ 2019年11月18日 19:51 ]

来季から打撃コーチに就任するパウエル氏
Photo By スポニチ

 中日は18日、94年から3年連続で首位打者に輝いたアロンゾ・パウエル氏(54)と来季の打撃コーチとして契約を結んだ。1、2軍巡回コーチとなる予定。

 ナゴヤ球場で契約後、取材に応じたパウエル氏は、23年ぶりに中日のユニホームを着ることとなり「とても興奮している。ドラゴンズに戻ってくるチャンスができた」と満面の笑み。

 シーズン中から高橋や大島などインターネットでチェックしていたと明かし「自分にできることすべてを尽くしたい」と語った。

 今季まで米ジャイアンツで打撃コーチを務めるなどMLBでの指導経験も豊富で、かつてはイチロー氏やアストロズ・アルトゥーベらも指導。

 「自分自身を分かっている選手でないと、良い選手にならない」ときっぱり。「まずは個々のスタイルを知って、その人に合った指導をしたい」と話した。

 19日には沖縄で秋季キャンプを行っている与田監督らにあいさつする予定。加藤宏幸球団代表は「MLBでもコーチのオファーがあったと聞く。それを振り切って来てくれた」と打撃力アップに期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース