巨人 MLB1312安打の“サメ男”を調査

[ 2019年11月18日 05:30 ]

ジェラルド・パーラ外野手(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 巨人が新外国人候補として、ナショナルズからFAとなったジェラルド・パーラ外野手(32)の獲得調査を進めていることが17日、分かった。

 メジャー通算11年間で1312安打、88本塁打、522打点の成績を残し、11年、13年にはゴールドグラブ賞を獲得した。今年5月に加入したナ軍ではワールドシリーズ制覇に貢献。登場曲「ベビー・シャーク」に合わせ、腕をサメの口のように上下させる「シャークダンス」がファンの間で定着した。

 実績十分な左の強打者は、引退した阿部の穴を埋める補強ポイントに合致する。球団はこの日、後藤野手総合コーチの背番号を88から90に変更することを発表。今後の交渉で、パーラに今季ナ軍でつけた「88」を提示する可能性がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース