侍J・山田「やり返したかった」逆転V弾 悔しい思い胸にフルスイング

[ 2019年11月18日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12決勝   日本5-3韓国 ( 2019年11月17日    東京D )

2回2死一、二塁、逆転3ランを放った山田哲(左)は菊池とハイタッチ撮影・尾崎 有希) 
Photo By スポニチ

 完璧だった。2点を追う2回2死一、二塁。山田哲はチェンジアップをファウルにして粘る。8球目。「直感で真っすぐがあるな、と。直感を信じた」。内角低めの直球。打球が逆転3ランとなって左翼中段に消えると、4万4960人の歓声が一斉にはじけた。

 「めちゃくちゃうれしい。とにかく世界一を獲るというのを決めていた」。思わずガッツポーズが出た。4年前、第1回大会の準決勝で敗れた韓国を相手に雪辱。「やり返したかった」との思いをバットに乗せた。

 試合前まで打率・176も、前日の韓国戦の初回にきっかけをつかんだ。右翼線二塁打を放ち、観戦に来ていた秋山から「構えの力が抜けたな」と指摘された。「タイミングが合ってきて、“いけるぞ”となった」。パの安打製造機の言葉で復調を実感した。

 大会直前には台風19号の影響で埼玉・戸田の2軍グラウンドが水没。侍ジャパンのために選んだバットも流され「ブラックバスの餌になってしまった…」。それでも代表合宿では連日の居残り特打。稲葉監督からも指導を受けた。必死。答えは決勝戦で出た。

 不慣れな一塁の守備でも奮闘。全ての道は東京五輪につながっている。「出たい気持ちはめちゃくちゃ強い。五輪で活躍したい」。熱い言葉。視線は来夏に向いていた。(鈴木 勝巳)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース