侍J・浅村 勝負強さ発揮 7回千金適時打「気持ちが入った打席だった」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12決勝   日本5-3韓国 ( 2019年11月17日    東京D )

7回2死三塁、浅村はタイムリーを放ち、ベンチに向かってガッツポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 浅村が貴重な追加点を生んだ。4―3の7回2死三塁、初球の外角寄りの速球を右前適時打し、一塁ベンチへ右拳を突き上げた。「気持ちが入った打席だった。ベンチに応えたいというのがあったので(ガッツポーズは)自然に出た」。

 打率・360、6打点と勝負強さを発揮。「今までで一番、濃い1カ月。いい勉強になった」と充実した表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース