健大高崎決勝進出 9番・山畑 ワンバウンド打って決勝打

[ 2019年11月18日 12:17 ]

明治神宮大会・高校の部 準決勝   高崎健康福祉大高崎3―2白樺学園 ( 2019年11月18日    神宮 )

<白樺学園・健大高崎>7回2死三塁 勝ち越し適時打を放つ健大高崎・山畑(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 初出場の高崎健康福祉大高崎が白樺学園に競り勝ち、決勝進出を決めた。

 7回に決勝打を放ったのは9番・山畑。今大会、攻守でいぶし銀の働きを見せているがこの日は2三振。しかし、7回の第3打席でチャンスがまわってきた。2死三塁、2―1と追い込まれたが、ワンバウンドの悪球に食らいついて三塁線を破り決勝適時打。「ワンバウンドを打ったのは初めて。恥ずかしい」と照れながらも「追い込まれていたので、それまでは足を上げていたが、コンパクトにすり足で打ちにいった。ボール球だったけど、何とか当てようと最後まで目を切らず、打ちにいった」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース