清原氏 名球会のイベント参加は…佐々木氏「執行猶予明け」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

イベントの閉会式に参加した(左から)佐々木、立浪、清原、権藤の「各氏(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 「FM沖縄開局35周年記念 FM沖縄ドリームマッチ」が17日、沖縄県浦添市の浦添市民球場で行われ、清原和博氏(52)が参加。16年2月に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されて以来、初めてユニホーム姿を披露した。

 今回のイベントには名球会の理事を務める佐々木氏、立浪氏、和田氏が参加。佐々木氏は、清原氏の同会の活動への復帰を「(来年の)執行猶予明けに参加できると思う。(会員の)皆さんも“バックアップする”と言っていますから」と説明。名球会の活動への復帰となれば、球界復帰へ大きなステップともなる。

 1年ほど前に企画が持ち上がった今回のイベントにも、立浪氏と佐々木氏がすぐに清原氏へ参加を打診。16年5月の裁判で情状証人としても出廷した佐々木氏は「(この日のイベントが)実現してよかった。私生活も充実して明るくなり、野球に前向きに取り組んでいるのがうれしい」。また、PL学園の後輩でもある立浪氏も「応援していきたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース