DeNA・大貫 1330万円増の2530万円でサイン 豪州リーグに参加中、スカイプ会見

[ 2019年11月18日 15:08 ]

契約を更改し、オーストラリアからスカイプで会見するDeNA・大貫
Photo By スポニチ

 キャンベラ・キャバルリーの一員としてオーストラリアン・ベースボールリーグに参戦しているDeNA・大貫晋一投手が現地で契約更改交渉に臨み、1330万円増の2530万円でサイン。インターネットテレビ電話「スカイプ」で会見を行った。

 新日鉄住金鹿島からドラフト3位で入団した今季、開幕ローテーション入りを果たすと2試合目でプロ初勝利を挙げるなど、15試合の登板で6勝5敗、防御率5・00だった。「前半はいい点もあったと思うが、交流戦以降はゲームをつくれないことが多く、チームに迷惑を掛けた。そういう課題をこのオーストラリアでつぶして、来年につなげられれば」と話した。

 対右打者は・226、対左打者は・376と課題は明確。武者修行の場に選んだオーストラリアでは、新球カットボールを試して左打者対策を講じる。初めての契約更改を終えて会見をスカイプで行い「貴重な経験ができてうれしい。オーストラリアはホストファミリーも気さくな方で、凄く楽しく生活しています」と笑顔で報道陣に手を振った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース