健大高崎、2戦連続の延長制し4強進出 4番・山本がサヨナラ犠飛

[ 2019年11月18日 05:30 ]

明治神宮野球大会 第3日 高校の部   健大高崎(関東)5-4明豊(九州) ( 2019年11月17日    神宮 )

10回タイブレーク、1死満塁、サヨナラの左犠飛を打った山本(中央)を笑顔で出迎える健大高崎ナイン (撮影・西川  祐介)
Photo By スポニチ

 群馬高崎健康福祉大高崎は2戦連続の延長10回タイブレークをサヨナラで制し、4強進出を決めた。

 1回戦では5番で満塁弾を放つなど活躍した山本が4番に抜てきされサヨナラ犠飛など2安打2打点。「4番目の打者と思ってつないだ結果」と笑顔。前回試合後に「ラッキーボーイ」と取り上げられて発奮したといい「ラッキーじゃない。やってやると思っていた」と意地をのぞかせた。

 ▼明豊・若杉(5失点完投もサヨナラ負け)8回に1点リードしていたのに、自分が抑えきれなかったことが最後の負けにつながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース