中日・岡田 1200万円増でサイン シーズン後半から守護神も来季は「特にそこは思っていない」

[ 2019年11月18日 18:43 ]

今季後半から守護神として活躍した岡田
Photo By スポニチ

 中日の岡田俊哉投手(27)が18日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、1200万円増の4200万円でサインした。

 シーズン後半から守護神に任命された左腕は53試合に登板し、13セーブをマーク。「クローザーは初めての経験で、これと確立したものはないが、リリーフとは違った。やった人にしか分からない苦労がある。それが当たり前と思うようにした」と振り返った。
 来季に向けてシュートの完全習得を目指している左腕は、守護神というポジションについて「特にそこは思っていない。とにかく1軍戦力になれるように。ドラゴンズはレベルが高い投手陣が多い。しっかり競争に勝たないと」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース