韓国、エースが誤算 連覇ならず…指揮官「準優勝でうれしく思うチームはない」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12決勝   韓国3-5日本 ( 2019年11月17日    東京D )

初回無死一塁、先制2点本塁打を放ち、喜ぶ金河成(キム・ハソン)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 韓国は逆転負けで2連覇を逃した。初回に金河成(キム・ハソン)の2ランと金賢洙(キム・ヒョンス)のソロで3点を先制したがエースの先発・ヤン・ヒョンジョンが3回4失点の大誤算。

 08年北京五輪で金メダルに導いた実績を持つ金卿文(キム・ギョンムン)監督は「準優勝でうれしく思うチームはないと思います」と悔しさをのぞかせ「来年五輪があるのでそこで勝つようにしたい」とリベンジを誓った。金河成は「東京五輪では我々が勝てると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース