慶大、圧勝で4強進出 柳町&郡司“プロ入り”2人が合わせて5打点

[ 2019年11月18日 05:30 ]

明治神宮野球大会 第3日 大学の部   慶大(東京六大学)9-0東海大札幌(北海道2連盟) ( 2019年11月17日    神宮 )

3回2死満塁、慶大・郡司は走者一掃の左越え適時二塁打を打つ (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 慶大が7回コールドの圧勝で4強進出を決めた。初回、ソフトバンクからドラフト5位で指名された3番・柳町が中越えへ先制の2点適時二塁打。3回には中日4位の4番・郡司が2死満塁から走者一掃の左越え適時三塁打。2人で5打点をマークした。

 柳町は「初見の投手だったがうまく反応できた」と胸を張った。大久保秀昭監督が今年限りで退任するだけに主将を務める郡司は「監督を日本一にする、その意識だけでやりたい」と日本一を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース