侍J・由伸 MAX156キロで3者凡退斬り「いつもより冷静に冷静に」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12決勝   日本5-3韓国 ( 2019年11月17日    東京D )

8回を3人で抑え、吠える山本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 8回は山本が立ちはだかった。

 1番から始まる韓国打線相手に3者凡退。最速156キロをマークし、最後は147キロの高速フォークで空振り三振を奪った。「いつもより緊張感も大きく、いつもより冷静に冷静に腕を大きく振ろうと思って振りました」。今季オリックスでは先発として最優秀防御率のタイトルに輝いた右腕が、セットアッパーとして役割を全うした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース