阪神 北條に矢野監督高評価「二重丸ですよ!」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

紅白戦の3回1死二、三塁、北條は藤浪から右前に2点適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 最も評価を上げた打者の一人が阪神・北條だ。3回1死二、三塁で1ボールから藤浪の136キロ外角カットボールをバットの先で捉え、二塁手の頭の上を越えて右前へポトリ。今キャンプで取り組んでいた右方向への打撃の成果を見せつけた2点適時打になった。

 「いい当たりではなかったですが、積極的に行こうと。ランナーを還す一打になって良かったです。藤浪は同い年なんで、打ってやろうと思っていました」。光星学院(現八戸学院光星)3年春と夏の甲子園決勝戦でいずれも敗れた相手との対戦にリベンジ。スタンドも盛り上がった。

 矢野監督も高評価だ。「ああいうバッティングをすれば、試合に出て行く形になる」。そして「二重丸ですよ!」と大絶賛したのは井上打撃コーチだ。「僕は“秋は結果じゃない”と言った手前、安打が出たことにではなく、しぶとさが出たという意味でね」と続けた。

 遊撃のポジションを争う木浪、植田も同じく1安打ずつ。決着は来春キャンプへと持ち越され、同コーチはチーム内競争の激化を歓迎する。

 「同じポジションの選手が打つとメラメラと燃えていかないといけないし、逆にライバルが打たないと、喜ぶというか、“じゃあオレだけが打ってやる”ぐらいに思えばいいんだよ」

 初回の1死二塁では高橋遥の内角直球をいい当たりで捉えて三直。5回無死一塁での第3打席では望月の前に遊ゴロ併殺に倒れた。100点満点とはいかなかったが、19年の最終実戦で来季へ期待を抱かせる内容にはなった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース