侍J・甲斐野また完全!6戦6イニング完璧も「吐きそうなくらい緊張していた」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12決勝   日本5-3韓国 ( 2019年11月17日    東京D )

笑顔の甲斐野(左)と山本(撮影・尾崎 有希) 
Photo By スポニチ

 甲斐野がまた完全救援を見せた。4―3の7回から登板し、先頭から158キロ直球で空振り三振を奪うなど3者凡退。追加招集された今大会は6試合計6イニングで1本の安打も許さなかった。

 「ブルペンから吐きそうなくらい緊張していた。出来過ぎです」と安ど。チームでは日本一、さらに世界一にも輝き「幸せ者です」と笑顔でルーキーイヤーを終え、東京五輪についても「目指さないと」と語気を強めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース