阪神 岩貞 2回完全の快投「直球中心で思った通りの投球ができた」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

紅白戦で好投の岩貞(撮影・平嶋 理子)        
Photo By スポニチ

 白組で先発した阪神・岩貞は2回完全の快投でキャンプの成果を示し、直球とチェンジアップに手応えを深めた。

 「キャンプの最初は低めの真っすぐだけで100球ぐらい投げていた。それが今日はバッティングカウントで低めに集められた。直球のキレも上がってきているし、直球中心で思った通りの投球ができた」

 初回は直球主体の7球で3つの凡飛に打ち取り、2回からは変化球を織り交ぜた。大山にはチェンジアップでファウルを打たせて追い込み、カウント1―2からの直球で二直。中谷を直球で二飛に退けた後、最後の上本はチェンジアップで空振り三振に斬った。

 臨時コーチの山本昌氏の教えを体現した。手首の使い方を再三にわたってレクチャーされ、ブルペンでは腕が辛くなるぐらい手首を立てて投げてきた。「手首を立てないとボールが抜けないと言われた。スクリューを投げているうちに(チェンジアップが)もの凄く良くなった」。右手で壁をつくるフォームにも取り組み、今季2勝(4敗)からの巻き返しへ変化を求めた。一定の成果を示しても満足はしない。思い描く理想のチェンジアップの完成は、まだ先だ。

 「100%、120%ぐらいで腕を振っても打者にまだ(球が)来ていないと思われる球を投げたい」

 矢野監督は「自分のやりたいことがしっかりできていたと思う」と認め、「他の球団を見ても、左との対戦率が悪いチームが多い気がする。そういうピッチャーが出て来てくれたら、勝つことにつながる」と期待を膨らませた。実際に数字の上でも今季セ・リーグでは左腕に分の悪い球団が多く、岩貞に先発陣の中核としての役割を求めた。
(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月18日のニュース