DeNA ドラ1森 1軍キャンプスタートに指揮官「可能性はある」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

来春キャンプで球団高卒新人6年ぶり1軍スタートが期待される森(右)
Photo By スポニチ

 DeNAのラミレス監督が、ドラフト1位指名した森(桐蔭学園)について、早くも来春キャンプで1軍スタートとなる可能性を口にした。走攻守そろった次代の遊撃手。地元高校出身のスター候補だけに「可能性はある。だいぶ先の話なので、これから話していって決めることになる」と話した。実現すれば、球団の高卒新人では14年関根以来、6年ぶりとなる。

 まずは育成面を重視することになるが、指揮官は「まだ若く、これから将来を背負って立つ能力がある。これだけの選手なので、出場機会は必ず来る」と1年目からの1軍デビューに期待を寄せている逸材だ。最終的には、来年1月から始まる新人合同自主トレで慎重に状態を見極め判断することになる。 (町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース